道場再開。




手柄道場、昨日より通常稽古を再開いたしました。


3月は活動自粛要請により全体練習を休止していたので、久々の道場練習。仲間、先生方、保護者の方々全員が久々の再会✨思い切り空手ができる喜びを噛みしめ、みんなとっても良い顔してました😊



コロナウイルス感染拡大の影響で、全国高校選抜大会が中止。本来であれば今日から開催されていたはずの全国中学生選抜大会(彩の国杯)が中止。道場からは形で3名、組手で1名出場予定でした…

そして、4月に予定されていた小学生の前期兵庫県大会(全少予選)も中止が決まりました。


今まで当たり前に学校に行きお友達と会えていたこと、お勉強できていたこと、空手の稽古ができていたこと全てができなくなった世の中。。。開催されるはずの大会が中止になった瞬間。。。


当たり前が当たり前でなくなった時、みんなはどんな思いになった?そして、昨日の道場再開ではどんなことを感じたかな。


「この場所で、好きなことができるのは当たり前じゃない。1日1日を大切に、人を大切に、空手ができる、学校に行けるそれぞれの環境に感謝しないと。」


そんなことを考えさせられた日々でした。


各種大会が中止となった今、目標設定、モチベーションの維持が難しくなっている生徒もいるのではないかと心配です。


ですが、どうか潔く気持ちを切り替えて前を向いて進んでいってほしいです!もがいてどうこうなる問題ではないです。気持ちがしぼんで、しぼみ続けて投げやりになってしまえばそれまでで、そこから生まれるものは何もない。


試合はなくなったけど、ここまで練習を重ねて準備してきたものは変わらないです。近づいてきていた目標が少し遠のいてしまったけど、半年後、1年後の自分がどんな成長を遂げるか。そこに向けて、さらに強くなるための時間が費やされただけと思って、その時間を有効に使ってほしいし、目先の試合だけでなく一回一回の練習に対しても目標設定を忘れず、常に挑戦的であってほしいと思っています。


今こそ、一人ひとりの底力が試される時やで!!


全員で競争して、一丸となって、この困難を乗り越えましょう🌈













237回の閲覧

© 2019 by karate-tegara.com. All Rights Reserved.